2017年1月22日 (日)

醤爆豆腐 2種

過日、この料理をまかないとして作りました。

醤=発酵調味料

醤爆とは、カンカンに熱した中華鍋に食材と発酵調味料を入れ、音を立てて飛び散ると言う調理法です。
醤爆豆腐とは、醤爆の調理法の豆腐料理です。

調べましたら、沙茶醤(サーチャージャン)を使ったレシピと、豆板醤を使ったレシピがあり、それぞれ作りました。

・沙茶醤使用

沙茶醤とは、マレーシアのサテソースが広東に伝わり、蝦醤(シヤジャン)や乾燥した魚、やしの実、五香粉、ニンニク、ゴマ、唐辛子、塩、砂糖などをピーナッツ油で炒めて作った調味料です。
炒め料理に使ったり、タレに入れたりします。

素揚げした豆腐を、醤油と沙茶醤ベースの合わせ調味料で、醤爆しました。
この沙茶醤は、乾燥した魚が入っているものです。
魚の臭みはあるのですが、それが逆にクセになる味わいで、美味いです。

豆腐を揚げる事で、豆腐表面の細かい穴から、調味料が滲みやすくなります。
でも調味料の汁気は、これより少ない方が良かったかも知れません。

・豆板醤使用

例によって、四川料理の魂、ピーシェン豆板醤を使っています。
素揚げした豆腐を、醤油ベースの合わせ調味料、ピーシェン豆板醤で、醤爆しました。

しっかり辛く、合わせ調味料は蒸発して、素揚げした豆腐のクリスピーな食感があり美味いです。

"Jiang bao dou fu(Fried tofu with heat seasoning)"

I cooked this dish the other day in staff meal.

Jiang = Fermentation seasoning

Heat point at a pan and puts ingredients and seasoning, and "Jiang bao" is a recipe that seasoning makes a sound and is scattered.
"Jiang bao dou fu" is the tofu dish of the recipe of "Jiang bao".

If I checked it, there were a recipe using "sha cha jiang" and a recipe using "doubanjiang" and made it each.

・ sha cha jiang

Malaysian "Sate sauce" comes to Guangdong, and "sha cha jiang" is done seasoning.
They fried with peanut oil which "Shia jiiang(shrimp fermentation seasoning)" and a dry fish and the palm and "Chinese five spices" and garlic and sesame and red pepper and salt and sugar and etc.
They stir fry it and use this seasoning for a dish and put it in sauce.

I performed bare deep frying of tofu.
I did "Jiang bao" with soy sauce and "sha cha jiang"-based laying upon seasoning in the pan which did heat.
A dry fish enters my "sha cha jiang".
This seasoning has the smell of the fish, but it is delicious in the taste that it is in a habit adversely.

The hole which is particular about the tofu surface opens, and seasoning becomes easy to be blurred by frying tofu with this dish.
However, there should have been less humidity of the seasoning than this if I thought.

・ doubanjiang

I use "Pixien doubanjiang(Sichuan hot sauce)".
I performed bare deep frying of tofu.
I did "Jiang bao" in the pan which did heat in soy sauce-based laying upon seasoning, "Pixien doubanjiang".

This dish is very hot, and the seasoning evaporates, and there is the texture that is Krispy of the tofu and is delicious.

Jiang_bao_dou_fu_yue_caiJiang_bao_dou_fu_chuan_cai

↓クリックお願いします


蕎麦(そば) ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガッフェル ケルシュ

現在のビールのラインナップを、時間をかけチェンジして行く計画です。

第二弾は、ケルシュ。

現在のビールブームは、イギリスのエールタイプとベルギーのホワイトエール、ドイツのヴァイツェン等のメジャーなスタイルが多いですね。
ケルシュを作っているブリュワリーも、ないではありませんが、まだまだマイナーなビールタイプではないでしょうか?

ケルシュとは、ドイツのケルン地方で作られる、黄金色の上面発酵ビールです。
上面発酵(酵母がビールの上面に浮き醸造する)ビールには珍しい、低温で醸造します。
軽く、フルーティな口当たりのビールとなります。
ケルンでは、シュタンゲと言う円筒状のグラスで飲みます。

ちなみに何度も書いていますが、あえて今回も書きます。

日本のナショナルビール、キリン、アサヒ、サッポロ、サントリーの主なビールは下面発酵ビール、ピルスナーです。
下面発酵ビールは、世界で生産されているビールの7割くらいと考えられています。
現在世界的にビールがブームですが、ブームの中心は、味わいや香りが複雑な上面発酵ビールです。
のど越しのビールしかご存じない方は、ビールの楽しみ方の、何十分の一しかご存じないですね。

ブリュワーのガッフェル・ブラウアライは、ケルン中央駅のそばにあります。
創業は1302年と古参のブリュワリーです。
醸造しているビールの7割以上は、昔ながらの樽詰めにしています。

ケルシュは主力商品で、イギリスの専門誌「Beers of the world」の2007年World Beer Awards(WBA)で、ケルシュ部門のトロフィーを獲得しています。

原材料=大麦麦芽、ホップ
アルコール=4.8度

薄めの黄金色のビールで、泡立ち良くはありません。
これは、ケルシュの特徴なのでしょうね。
柑橘のニュアンスのフルーティさがあり、ほのかな酸味があります。
麦芽特有のコクは強くない・・・と言うより、ほとんど感じない軽い味わいです。

ビールの適温は百家争鳴ではありますが、確実な化学根拠として、8℃以下ではタンパク質が固まるので、美味しくありません。
自分の考えでは、醸造温度で味見するはずで、それが最も飲み頃の温度だと、解釈しています。

ケルシュは上面発酵ビールですが、他とは違い10度以下で醸造されるので、弊店では8℃と冷やして提供します。

スターターとしてのビール、食中や食後のビール、いずれにも向きます。
味わいが軽いので、料理を問いません。
上面発酵ビールですので、辛い料理を流し込むように飲むのは、もったいないですね。

Gaffel Kölsch

The name of raw materials = barley malt, hop
Alcohol = 4.8%

This beer body is thin gold and this beer bubbles is not good.
This is a characteristic of Kölsch.
This beer is a nuance of the citrus fruit and there is fruity and there is faint acidity.
This beer is mild taste not to feel most of the body peculiar to malt to be.

We have various opinions in the right temperature of the beer.
It is less than 8 degrees Celsius, and, as its certain chemical grounds, protein of the beer hardens.
The beer which I cooled in 8 degrees Celsius or less is not delicious.
For my thought, the beer should taste at brewing temperature and it drinks most and thinks that it is temperature of the time.

Kölsch is "top fermentation beer", but is brewed in 10 degrees or less unlike other "top fermentation beer" beer.
I cool it with 8 degrees Celsius at my restaurant and contribute it.

This beer faces the beer as the starter, food and beer after a meal, all.
Because this beer has light taste, cooking does not matter.
It is a waste of drinking it because this beer is "top fermentation beer" to pour a hot dish.

Gaffel_kolsch_2

↓クリックお願いします


蕎麦(そば) ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月21日 (土)

麻辣鶏(マーラージー)

過日、この料理をまかないで作りました。

麻=花椒の痺れる辛さ
辣=唐辛子の火が出るような辛さ

四川料理で、花椒と唐辛子で、辛く味付けした鶏肉料理です。

麻辣鶏には、さまざまなバリエーションがあります。

1.口水鶏と同じレシピ
2.粗く切った鶏肉を花椒と唐辛子味で炒める
3.野菜と共に粗く切った鶏肉を花椒と唐辛子味で炒める
4.茹で鶏に花椒と唐辛子で辛く味付けする
5.辣子鶏によく似たレシピ

さらに調べれば、他のバリエーションも出て来るかも知れません。

口水鶏については、以前も書いています。

http://funkyrutin.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-f17b.html

辣子鶏については、以前も書いています。

http://funkyrutin.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/1117-2833.html

今回は、「2.粗く切った鶏肉を花椒と唐辛子味で炒める」を作ります。

油にニンニク、生姜、長ネギ、各種漢方薬、花椒、唐辛子を煮出して、香りを移します。
粗めに切った鶏肉を油で炒め、甘辛醤油の合わせ調味料を入れて炒め煮して、汁気がなくなったら、粉唐辛子、粉花椒をかけてまぶします。

甘辛く、火が出るような唐辛子の辛味、痺れる花椒の辛味で、ごはんが進みます。
漢方薬の香りが利いて、味も香りも良いですし、体にも良いですね。

"Ma la ji(Very hot chicken)"

I cooked this dish the other day in staff meal.

ma = The hotness to be fascinated by anis pepper
la = The hotness that fire of chili pepper

This dish is chicken fixings of the Sichuan cuisine which they seasoned strictly in anis pepper and chili pepper.

Various variations are in "Ma la ji".

1. "Kou shui ji(boiled chicken with hot sauce)" Recipe same as
2. Stir fried chicken which they cuts coarsely for anis pepper and chili pepper taste
3. Stir fried chicken which they cuts with vegetables coarsely for anis pepper and chili pepper taste
4. Boiled chicken with anis pepper and chili pepper
5. "La zu ji(fried chicken with chili pepper and anis pepper)" Recipe similar to

Other variations may come out if I check it more.

About "Kou shui ji", I write it before.

http://funkyrutin.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-f17b.html

About "La zu ji", I write it before.

http://funkyrutin.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/1117-2833.html

I cook "2. Stir fried chicken which they cuts coarsely for anis pepper and chili pepper taste" this time.

I boiled garlic and ginger and long leek and various Chinese medicine and anis pepper and chili pepper to bring out the flavor to oil and moved the fragrance.
It was rather coarse, and I fried the chicken which I cut in oil.
I put laying upon seasoning of sweet soy sauce and fried it and did a dish simmered in.
When humidity disappeared, I put chili pepper powder and anis pepper powder.

This cooking is seasoning with the salty taste indulgently.
Furthermore, as for this dish, there are a sharp taste of chili pepper where fire is given to, a sharp taste of anis pepper to be fascinated by.
There is a fragrance of the Chinese medicine, and both the taste and the fragrance are good, and this dish is good to a body.

Ma_la_ji

↓クリックお願いします


蕎麦(そば) ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月18日 (水)

豚もつの汁なし辛鍋/乾鍋肥腸(ガングオフェイチャン)

過日、この料理をまかないで作りました。

乾鍋(ガングオ)は、中華料理で近年はやりの料理です。
汁のない火鍋とも言われておりまして、唐辛子と花椒で、かなり辛く味付けします。

この料理の起源について調べましたが、分かりませんでした。
ただ四川省綿陽市が発祥だそうで、ここから四川省全域、重慶市、湖南省、湖北省に広まり、現在では中国全土、台湾にまで広まっています。

中国人は辛い料理が苦手な人の方が多いのですが、それでも辛い料理が健康に良いので、何度か中国全土で四川料理ブームが起こり、以前よりは辛い料理を食べる人が増えています。
また海外留学した中国人が、海外で辛い中華料理が好きになり、辛い料理を食べない地元でレストランを開き、はやらせていると言う背景もあります。

辛い料理を好む、四川省、重慶市、湖南省、湖北省ではガッツリ辛くしますが、それ以外の地域では辛いといっても可愛いものですw。

豚の内臓とか豚耳、豚の顔は、値段が安いわりに栄養価が高く、美味しいので、大衆的中華料理ではポピュラーです。
乾鍋の中でも、豚もつを使った、乾鍋肥腸はポピュラーです。
今回は、四川料理のレシピで、分量もそのままに、かなり辛く作りました。

ニンニク、唐辛子、ピーシェン豆板醤を炒め、香りを出します。
下煮して柔らかくなった豚もつと、野菜を入れて、炒めます。
合わせ調味料を入れて、汁気がなくなるまで炒め煮し、仕上げに辣油と粉花椒を入れます。

味わいは甘辛いですが、唐辛子の辛味と花椒の痺れる辛味がガツンと来て、火を噴くほど辛いです。
美味いのですが、この辛さは自分が食べられるギリギリですね。
さすが四川人、こんなに辛い物を食べているんですね。

胃腸の弱い人なら、翌日おなかが痛くなりそうです。
実は自分、辛い料理は大好きですが、胃腸は強くなく、翌日にお腹が痛くなりますw。
この料理を食べた後も、そうなりました。

"Gan guo fei chang(Spicy and hot pork tripe)"

I cooked this dish the other day in staff meal.

"Gan guo(Stewed dish without the soup stock)"is a trendy dish with Chinese food In late years.
The Chinese says Hot pot without the soup stock, and red pepper and anise pepper enter and season it considerably strictly.

I checked it, but did not know the origin of this dish.
Sichuan Mianyang City seems to be origin and spreads out in whole Sichuan, Chongqing City, Hunan, Hubei from here and only spreads out in Chinese whole land, Taiwan now.

A Chinese has more people who do not like a hot dish.
However, I had Sichuan cuisine boom several times in the Chinese whole land because the hot dish was good for health.
Therefore people eating a hot dish of the Chinese increases than before.
In addition, I come to like hot Chinese food abroad, and the Chinese who studied abroad returns home.
They open the restaurant in the hometown that does not eat a hot dish, and there is the background saying that I let hot dishes be popular.

This dish makes it considerably hot in Sichuan, Chongqing City, Hunan, Hubei, but does not do it strictly too much in other area.

Although the internal organs of the pig and a pig ear and the face of the pig are cheap, nutritive value is high, and they are delicious.
Therefore it is popular with Chinese food.
In "Gan guo", "Gan guo fei chang" using pork tripe is popular.
I just made the quantity with the recipe of the Sichuan dish this time in very hot.

As for me garlic, red pepper, "Pixien doubanjiang(Sichuan hot sauce)" I fried.
I put pork tripe and the vegetables which I boiled it beforehand and softened and fried it.
I put laying upon seasoning and I fried it until humidity disappeared and did a dish simmered in.
I put chili oil and anise pepper powder to finish it.

As for this dish, the taste is salty-sweet.
However, a red pepper and a sharp taste of anise pepper are strong and are the hotness that spouts fire from the mouth.
This dish was delicious, but was the last-minute hotness that I could eat.
The people of Sichuan eat a so hot dish.

You will come to have a stomach ache the next day if you have poor digestion.
In fact, the stomach and intestines were not strong, and I came to have a stomach ache on the next day, too.

Gan_guo_fei_chang

↓クリックお願いします


蕎麦(そば) ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京ニンジン

京ニンジン(正式名称は金時ニンジン)は12月中旬頃に出回り出し、1月下旬にはシーズンが終わります。

以前も紹介していますが、京ニンジンは、「猩猩そば」のそばつゆに使用しています。

http://funkyrutin.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-689d.html

食べた事がない方は、日本蕎麦のつゆが京ニンジンなんてあり得ない・・・と思うでしょうが、食べた大部分の方が相性の良さに驚かれます。
中には、もりそばよりも好むお客様もいるほどです。

先日、八百屋に行ったら、京ニンジンが小降りに、そして値段は据え置き・・・実質値上げしていました。
と言う事は、もうシーズン終盤です。
あわてて、京ニンジンをたくさん買いました。

京ニンジンは日持ちしますし、後で計算すると、少なくとも2月中旬までこの量で持ちそうです。
もしかすると、2月下旬まで持つかも。

「猩猩そば」のご注文、お待ちしております。

Sorry Japannese only!!

Kyoto_carrot

↓クリックお願いします


蕎麦(そば) ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葉ニンニク

富士見台で、葉ニンニクを購入した話は、昨年も書いています。

http://funkyrutin.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-aae9.html

今年も、「こばやし青果」で、千葉県産の葉ニンニクが出てきました。
東京近郊である千葉県は、東京の中華料理店の要望から、様々な中華野菜を生産しています。
聞くと、昨年は地元の有名中華料理店のリクエストで取っていたのだそうですが、今年は試しに入れたのだそうです。
昨年ほどには、入手出来ないかも知れませんね。

国産の葉ニンニクは、1月から3月くらいまでしか、出回りません。
足の速い(つまり傷みやすい)野菜ですし、ご希望の方はお早めに。

昨日告知したように、レギュラーメニューで盐煎肉(ヤンジェンロウ)もしていますし、予約いただければ回鍋肉や麻婆豆腐に入れますよ。

http://funkyrutin.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/2-741e.html

Sorry Japannese only!!

Leaf_garlic

↓クリックお願いします


蕎麦(そば) ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

盐煎肉(2)/ヤンジェンロウ

盐煎肉については、以前も書いています。

http://funkyrutin.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-3524.html

前回、中国のレシピ通り作ってみましたが、味が単調と思いました。
普通なら、単調だから色々味を足してみようと思いますよね?
自分はどうせなら、徹底的にシンプルな味付けにしてみようと、思いました。
そこから見えて来るものもあるだろう・・・と。

豚肉の下味に、塩を使っていますが、それ以外の味付けは、トウチとピーシェン豆板醤のみ。
塩味は、基本的にトウチのみ。
これで前より味が単調なら、不足していると思われる味の要素を足して行けば良いと。

前回は、葉ニンニクの代用で、長ネギを使いましたが、この時点で葉ニンニクが入手出来ました。

試してビックリ、とても美味いです。
味はぶっちゃけ、甘くない回鍋肉みたいな感じです。

トウチは、醤油のような、味噌のような味がします。
それが複雑な味わいとなり、ピーシェン豆板醤の複雑な味わいと相まって、豚肉、葉ニンニクへの相乗効果です。
そして豚肉と葉ニンニクは、とても相性の良い食材です。

本日から、葉ニンニクがある内、この料理をレギュラーメニューで提供します。

この料理を食べて、別の料理のアイデアが浮かびました。
その内試作します。

Yan jien rou (Pork of the saltiness) - 2

About "Yan jien rou", I write it before.

http://funkyrutin.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-3524.html

I looked at the product according to Chinese recipe last time, but the seasoning of this dish thought with a lack of variety.
Do you intend to add taste in various ways because it is monotonous?
I intended to make simple seasoning thoroughly adversely.
I thought that there would be the thing which I saw from there.

I used the salt for preliminary seasoning of the pork.
Other than it as for me "black bean sauce" and "Pixien doubanjiang(Sichuan hot sauce)" I seasoned it only in.
The saltiness basically only in "black bean sauce".
I thought that this dish should add taste from there if taste was more monotonous than before.

By a substitute of the leaf garlic, I used the long leek last time.
I was able to obtain leaf garlic this time.

I am surprised to eat, and this dish is very delicious.
"Hui guo rou (Chinese double coocked pork)" where this dish is not sweet at all I am.

"Black bean sauce" such as miso such as the soy sauce taste complicated.
And "Pixien doubanjiang" matches pork, leaf garlic in complicated taste well.
And pork and the leaf garlic are very congenial ingredients.

While there is leaf garlic from today, I put this dish on the menu of my restaurant.

I ate this dish, and the idea of the different dish appeared.
I produce it experimentally soon.

Yan_jian_rou

↓クリックお願いします


蕎麦(そば) ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月16日 (月)

肉大根(豚肉と大根の煮込み)

ブリ大根ならぬ、肉豆腐ならぬ肉大根。
あまりこのメニューを出している店はないですが、居酒屋メニューですね。
肉の旨味を、煮汁を通して、大根に滲みさせる料理ですね。

ふろふき大根の下煮した大根を消費するため、思い付きで作りました。

下煮した大根は、米の研ぎ汁を使い、通常の2倍の圧力がかかる圧力鍋で柔らかく煮ています。
とろけるような食感は、弊店のふろふき大根を食べた事があるなら、ご存じの通り。

豚肉はこま切れ肉ではありますが、三元豚です。
煮た大根は、乱切りしています。
それに、弊店の鰹出汁、蕎麦つゆに使う、醤油の本がえし、砂糖を加えて煮ただけです。
肉が入るので、当然ふろふき大根より、濃い味にしています。

不味くないと思いましたが、そんなに期待して作った訳ではありません。
ところがビックリ!?めっちゃ美味い。
考えてみますと、使っている食材、調味料は居酒屋のとは全く違いますからね。

好みの差はあるでしょうけど、自分はふろふき大根より、こっちの方が好きですね。
レギュラーメニューにしたいですけど、大根の似たような料理が2つかぶるのもなぁ・・・

Stew of pork and the Japanese radish

This dish does not see it very much at a restaurant of Japan, but is a dish of a Izakaya.
This dish lets taste of the pork touch a Japanese radish through broth.

I cooked this dish on a whim to use the Japanese radish which I boiled which remained.

I boil the Japanese radish with a normal pressure cooker to come under double pressure using a grind stew of rice softly.
As a result, this Japanese radish is a texture melting away.

I used Sangenton pork.
As for me, chop does the Japanese radish which I boiled.
I added bonito soup stock, Hongaeshi (seasoning of with soy sauce and sugar and sweet sake), sugar of the soy sauce and only boiled it.
Because pork is in me, I do it in the taste that is thicker than others.

I predicted that this dish was not bad, but there was not expectation and made it.
However, I am surprised to eat? Very delicious.
If I think, ingredients, the seasoning using are higher quality than a Izakaya.

Niku_daikon

↓クリックお願いします


蕎麦(そば) ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箕面ビール スタウト

現在のビールのラインナップを、時間をかけチェンジして行く計画です。

第一弾は、スタウト。

箕面ビールブランドを醸造するのは、箕面ブリュワリーこと、エイ・ジェイ・アイ・ビア有限会社。
創業は1997年3月31日です。
1994年4月に酒税法が改正され、ビールの最低製造数量基準が2000klから60klとなり、全国にマイクロブリュワリー・・・クラフトビール(当時は一般的に地ビールと言っていました)を醸造するメーカーが次々に誕生しました。
箕面ブリュワリーは、早い段階で創業しています。

当初より、高品質なビール造りで有名だったようですが、自分がこのブリュワリーを知ったのは、ほんの4年前です。
創業時は、濃縮麦汁を輸入して醸造していましたが、2002年より麦芽から醸造するようになりました。
このブリュワーのビールは、すべてが無ろ過・非熱処理ビールです。
美味いのは、この辺にも秘密があります。

原材料=麦芽、ホップ
アルコール=5.5度

スタウトとは、ローストした大麦で醸造した、上面発酵ビールです。
元々イギリスやアイルランドで好まれていたビールで、代表的スタウトと言えば、ギネスです。

ちなみに、日本のナショナルビール、キリン、アサヒ、サッポロ、サントリーの主なビールは下面発酵ビール、ピルスナーです。
現在世界的にビールがブームですが、ブームの中心は、味わいや香りが複雑な上面発酵ビールです。

箕面ビール スタウトも、まるでギネスのような黒いビールで、泡立ち良く、きめ細かな泡が立ちます。
コーヒー、チョコレートのようなフレーバーがあり、濃厚な味わいで程よい苦み、旨味とコク、後味にほのかな酸味があります。
さすが箕面ブリュワリー、世界のスタウトの中でも上位の美味さです。

と思ったら、2年に1度開催されるワールドビアカップの、2016年のスタウト部門で、金賞を受賞したのでした。
これをもって、世界一のスタウトを自称しています。
日本のマイクロブリュワリーのクラフトビールは、海外の受賞も多く、国際的にも品質の高さが認められています。

上面発酵ビールですから、常温醸造(恐らく10度から15度くらい?)です。
ビールは、醸造温が最も味も香りも良く感じられる温度で、自分はそれがビールの適温だと思っています。
このビールも、13度に保温して提供します。
居酒屋は4-5度の提供だそうですので、かなりぬるい温度の提供です。
※ちなみにビールは8度以下の温度では、たんぱく質が固まり、本来の味と香りが出ませんので、居酒屋の提供温度は低過ぎます

スターターとしてのビールより、食中や食後のビールに向きます。
味わいが濃厚なので、肉料理、特に濃い味の料理に向きます。

弊店で、箕面ブリュワリーのビールは、すでにペールエールがレギュラーメニューであり、人気です。
箕面ブリュワリーのビールは、IPAもピルスナーもすごく美味いんですよ。
気が付いたら、メニューが箕面ビールだらけって事にもなりかねませんw。

Mino beer(The name of this brewery) stout

The name of raw materials = malt, hop
Alcohol = 5.5%

Minoh beer stout is totally black beer such as Guinness.
As for this beer, a close bubble is made a lot.
This beer has flavor such as coffee and the chocolate.
As for this beer, there is only a little acidity in moderate bitterness and umami and body and an aftertaste in heavy taste.
I drink and am higher taste in world stout.

This beer won a gold medal in stout section of 2016 of the world beer cup held once in two years.
In this brewer, I in this way call myself world's best stout.
As for the craft beer of Japanese micro brewery, as for a lot of overseas receiving a prize, high quality is recognized globally.

This beer keeps it warm to 13 degrees at my restaurant and provides it.

This beer is suitable for food and beer after a meal than the beer as the starter.
Because taste is strong as for this beer, I turn to meat dishes particularly a dish of the thick taste.

Mino_beer_stout

↓クリックお願いします


蕎麦(そば) ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日)

中華調味料の買出し

先週の事になりますが、池袋に中華食材を買いに行きました。

池袋にはかつて、多くの中国食材店がありましたが、淘汰されて今は多くありません。
自分がこれまで良く行く店が、以下2軒でした。

・陽光城
・友誼食品

陽光城は、1階にあるので分かりやすいですね。
友誼食品は、陽光城の道を挟んだ斜め向かいのビル、4階にあります。
売り場は陽光城より広く、陽光城より色々ありますが、それほど品揃え充実と言うほどではありません。

自分としては結局、なければ上野のアメ横センタービルB1F、海羽食品まで買出しに行ってました。

インターネットで調べると、もう1軒、日光亜細亜食品というのがありましたので、行ってみました。
その場所に行ってみると、日光亜細亜食品と言う店名ではなく、海羽日光と言う店名でした。

それにしてもこの店、怪しいい路地裏で、店先には中国語しかなく、日本人は入らないでしょうね、普通w。
昨年の秋、日光亜細亜食品が海羽日光と言う店名に、変わったみたいです。
経営も、変わったのでしょうか?

店名から、上野の海羽食品の系列のようです。
実際店内は、上野の海羽食品のラインナップと同じで、規模が小さい分品数は劣りますが、ツボを押さえた品ぞろえで、自分は不満を感じません。

実は前回上野に買い出しに行った時、トウチ(黒豆の発酵調味料)を買い忘れて、その時点で店に少量しか残っていませんでした。

陽光城にも、友誼食品にも、目的のトウチ・・・陽江トウチはありません。
しかしここ海羽日光には、上野と同様売っていました。

他、陽光城、友誼食品、海羽日光3軒回り、写真のレアな中華食材を買って来ました。

・台湾製の甜麺醤
・青唐辛子漬け
・ニンニク入り剁椒(ディオジャオ)
・陽江トウチ

特にニンニク入り剁椒は、魚の頭とかアラをスープに入れて、上に剁椒を乗せて蒸しますと、湖南料理の名物、剁椒魚頭(ディオジャオユートウ)になります。
剁椒魚頭は、以前「美味しい四川」で取り上げられました。

http://sisen-recipe.com/chinese/2016/04/865.html

実は自分、蒸し蒸籠を買っていないんです。
機会を見て、かっぱ橋に行かないといけません。

Sorry Japanese only!!

Seasonings

↓クリックお願いします


蕎麦(そば) ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«自家製スペシャルソースの油淋鶏