12/3(土)の営業

※12/3まで、このページをトップに固定します。

12/3(土)は、臨時休業となります。
代わりに、12/7(水)は営業します。
皆様のお越しを、お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 9日 (金)

白菜のクリーム煮

明日から、新メニューとして出します。

この料理については、以前も書いています。

http://funkyrutin.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-cd33.html

以前は紫白菜を使いましたが、色素が溶け出すので、紫白菜は使えませんね。

今回は、昨年も使ったオレンジ白菜を使っています。
まかないとの兼用ですので、玉の外側のオレンジがかっていない部分を調理しています。

出汁には、鰹出汁を使っていまして、白ワインも合いますが、日本酒にも合う味になっています。

寒い日には特に、ポカポカ温まりますし、味も良いですよ。
おひとついかがでしょうか?

Cream stew of Chinese cabbage

I put this dish on the menu of my restaurant tomorrow.

About this dish, I write it before.

http://funkyrutin.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-cd33.html

I used purple Chinese cabbage before, but am not usable because a pigment of purple Chinese cabbage begins to melt.

I used orange Chinese cabbage now.

I use the bonito soup stock for this dish.
This dish matches the white wine, but is taste in accord with sake.

As for this dish, a body warms on a cold day, and the taste is good, too.
I wait for the order from all of visitors.

Cream_stew_of_chinese_cabbage

↓クリックお願いします


蕎麦(そば) ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 8日 (木)

絶望のスパゲティ/スパゲティ・アッラ・デスペラータ(Spaghetti alla disperata)

まかないで、表記のパスタを作りました。

日本では、イタリア料理の料理人が、スパゲティ・アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ(以後ペペロンチーノ)が絶望のスパゲティだと広めたため、両者が同じ料理だと考える人が多いです。
しかしイタリアのレシピサイトを見ると、ペペロンチーノのレシピはなく、スパゲティ・アッラ・デスペラータ(以後デスペラータ)のレシピは別物です。
ペペロンチーノのレシピが多量にあるのは、日本のサイトのみです。

ペペロンチーノのレシピがイタリアにないのは、イタリア人が辛い料理が苦手だからでしょう。
ごく一部の地域、ごく限られた料理以外、イタリア料理には辛い味付けはありません。
日本では、激辛ペペロンチーノを出す店がありますが、イタリア人には辛くてとても食べられないでしょう。

ペペロンチーノとデスペラータのレシピが別物なのは、それを広めたイタリア料理の料理人が間違っているのです。

写真の見た目は、ペペロンチーノと一緒ですよね。
このデスペラータのレシピは・・・

ニンニクと唐辛子、アンチョビをオリーブオイルで炒めます。
スパゲティーニ(スパゲティより少し細いロングパスタ)を茹でて、茹で上がる前にフライパンに白ワインを入れて、オリーブオイルソースをエマルジョン化(乳化)させます。
スパゲティーニを絡めて、おろしたグラナパダーノ(あるいはパルミジャーノレッジャーノ)をかけます。

唐辛子は、かすかにピリッと辛く感じるのが、イタリア流でしょう。
自分は辛い料理も好きですが、こんな時はイタリアの流儀に合わせます。

自分は、ペペロンチーノを作っていて、旨味不足なのが気に食わなかったです。
しかしデスペラータは、アンチョビ、白ワイン、グラナパダーノの旨味をプラスしていて、美味いですね。

ペペロンチーノより贅沢で、どこが絶望の・・・やねん!って話はありますけど。

ちなみにデスペラータには、トマトソースのバリエーションもあります。
こちらも、その内作ります。

Spaghetti alla disperata

I cooked this pasta dish in staff meal.

A Japanese cook of the Italian cuisine said that "Spaghetti alla disperata" was the same as "Spaghetti aglio, olio e peperoncino".
In Japan, there are many people whom both think to be the same dish.
However, when I look at the recipe site of Italy, there is not the recipe of "Spaghetti aglio, olio e peperoncino", and the recipes of "Spaghetti alla disperata" are different.
It is only a site of Japan to have a lot of recipe of "Spaghetti aglio, olio e peperoncino".

The reason why Italy does not have a recipe of "Spaghetti aglio, olio e peperoncino" will be that an Italian is weak in hot dish.
Other than a few areas, an extremely limited dish, Italian food does not have hot dish.
In Japan, there is a shop giving "Spaghetti aglio, olio e peperoncino" of very hot, but it is hot for an Italian and may not eat at all it.

A Japanese cook of the Italian food gets a wrong that a recipe of "Spaghetti aglio, olio e peperoncino" and "Spaghetti alla disperata" is another thing.

The appearance of the photograph is the same as "Spaghetti aglio, olio e peperoncino".
The recipe of this "Spaghetti alla disperata" is ...

I fried garlic and a red pepper, anchovy with olive oil.
I boiled spaghettini and poured white wine into the frying pan before being boiled and let an olive oil source become emulsion.
I put Grana Padano which I took down including spaghettini.

I seasoned it to feel a red pepper in hot subtly.
I think that this is Italian style.
I like the hot dish, but put it together in a style of Italy when I make Italian cuisine.

I made "Spaghetti aglio, olio e peperoncino" and did not like that it was lack of umami.
However, "Spaghetti alla disperata" adds umami... anchovy, white wine, Grana Padano and is delicious.

"Spaghetti alla disperata" is more luxurious than "Spaghetti aglio, olio e peperoncino", and is it really despair(disperata)?

By the way, the variation of the tomato source is in "Spaghetti alla disperata", too.
I cook this dish later.

Spaghetti_alla_disperata

↓クリックお願いします


蕎麦(そば) ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わかむすめ 純米無濾過生原酒

新たに入って来た日本酒のレビューです。
読みは、「わたむすめ じゅんまいむろかなまげんしゅ」です。

醸造元の新谷酒造株式会社は、山口県山口市にあり、創業昭和2年(1927年)。
生産量40石程度だそうですから、日本で最も小さな酒蔵の1つです。

ずっと旨口の酒にこだわって、造って来たそうです。
2007年3月より、小仕込みによる四季醸造蔵に蔵を改造しました。
社長の新谷義直氏自らが、杜氏となり、奥様と2人で蔵を切り盛りしています。
四季醸造の特性を活かし、「搾り立て無ろ過生原酒」中心に酒造りをしています。

原料米=掛け米:ヒノヒカリ/麹米:西都の雫
精米歩合=掛け米:60%/麹米:70%
使用酵母=不明
日本酒度=非公開
酸度=非公開
アルコール=16~17度

自分、西都の雫を使った日本酒は、初めて飲みますね。

香りは強くないです。
むしろ、米のニュアンスと吟醸香以外、余計な香りはないですね。

味わいは、辛味と甘味のバランスが取れています。
恐らく日本酒度(非公開ですが)以上に甘く感じる酒かな・・・と思いますが、辛味もあり、甘ったるいだけの酒ではありません。
アルコールが少し高いので、辛味にはアルコール由来の辛味もあるでしょうね。

フレッシュで、米由来のフルーティさもあり、とにかく飲みやすいです。
それでいてボディがしっかりしていて、米の強い旨味があります。
これが、この酒を万人が好むような味わいにしています。

飲んで楽しいですし、旨味が強いのであらゆる和食、洋食、中華料理にも合うと思います。
合わせていないですが、恐らくこの甘みと旨味だと、肉料理に好相性なのではないでしょうか?

この日本酒、とにかくフレッシュで、旨口なのが特徴です。
通常、秋から冬にかけての新酒は、貴重ですし、フレッシュで美味しいですが、この蔵ではそれが1年中(品切れしなければですが)出せる訳で、あり難い話です。

Wakamusume(The name of this sake) jyunmai(Sake made simply from rice and malted rice) muroka nama genshu(non filter unpasteurised undiluted sake)

The name of raw materials of rice = rice mash:Hinohikari / rice malt:Saitonoshizuku
How long did you reduce the outside of rice? = rice mash:60% / rice malt:70%
Yeast = Ignorance
Sake meter value = Ignorance (Is sweet so that numerical value is low; is easy to become smart)
Acidity = Ignorance (If numerical value is big, umami is easy to appear in sweet taste and is easy to become crispy and dry if numerical value is low)
Alcohol = 16-17%

I drink sake using Saitonoshizuku to raw materials rice for the first time.

This sake is not strong in the fragrance.
Rather this sake has fragrance of the nuance of rice and Ginjoko(fruity fragrance of sake).
This sake does not have other fragrance.

This sake taste has good balance of a sharp taste and the sweet taste.
I think this sake to be sake to feel to be probably sweeter than "Sake meter value"(Ignorance).
However, it is not only too sweet sake because this sake has the sharp taste.
Because this sake has high some alcohol, there will be the sharp taste derived from alcohol in a sharp taste, too.

This sake is of rice origin with fresh; is fruity, and, anyway, is easy to drink.
In this sake, a body is solid, and there is strong umami of rice nevertheless.
This makes the taste that all people like this sake.

This sake drinks and is fun.
I think that this sake matches every Japanese food, European food, Chinese food because umami is strong.
When probably this sake is this sweetness and taste, is it not an affinity to like to meat dishes?

It is a characteristic this sake, that, anyway, there is umami with fresh.
A new sake from autumn to make sake brewing to winter is valuable and it is fresh and is usually delicious.
However, this Sake Brewery can brew new sake throughout the year because this Sake Brewery brew a new sake in the four seasons.

Wakamusume

↓クリックお願いします


蕎麦(そば) ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 7日 (水)

柿のコンポート

柿をシロップで煮て、コンポートにしました。
以前、桃をやりましたが、その柿のバリエーションです。

http://funkyrutin.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-f870.html

シロップに使った食材は一緒ですが、桃と柿ではおよそ味わいが違います。
桃に比べ、柿は酸味が少ないです。
そのためシロップも、配合を変えています。

自分は、熟し過ぎて、柔らかい柿が好きではないので、柿の食感を残すように短時間煮ました。

1枚目の写真は、最初の試作で、たまたま常連のお客様が見えられて、そのまま出したものです。
柿は、次郎柿。
嘘みたいですが、1度目試作で完璧な出来でした。
柿のフレッシュ感を残しつつ、シロップの美味さ、そしてスパイシーさがあり、良い味でした。

2枚目の写真は、ウクレレ教室の後の飲み会の、最後のデザートとして出しました。
柿は、平核無し柿(ひらたねなしがき)。
1枚目の写真の半分のスライスにして、1人に1/2人前出しました。

シロップは同じでしたが、柿が柔らか過ぎました。
最初に使った次郎柿は、それほど熟してなく、実も固目でしたが、平核無し柿がかなり熟していたのでしょうね。
短時間煮たとは言え、煮る時間をもっと短くしなければいけなかったですね。
味は良かったのですが、調理が難しいですね。

無難なのは、固目の柿を買う事でしょう。

写真の1枚は、ウクレレ教室に参加した方のを、許可を取って使用しています。

Compotes de kaki(Kaki Compotes)

I boiled Kaki with syrup and cooked compote.
I cooked the the peach compote before, but this is a variation of Kaki.

http://funkyrutin.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-f870.html

I used for syrup are same the ingredients, but the taste of Kaki is different from a peach.
A Kaki has less acidity than a peach.
Therefore I change the combination of the syrup.

Because I became too much ripe and did not like soft Kaki, I boiled it for a short time so that a texture of Kaki appeared.

The first piece photograph was the first trial manufacture, and it was seen by chance the regular visitor and just started it.
This Kaki is "Jiro Kaki".
It was unbelievable, but I was the result that was perfect by the first trial manufacture.
This dish was taste and spicy, good taste of the syrup while having a feeling of fresh of Kaki.

I gave the second piece photograph as the last dessert of Dinner after the ukulele classroom.
This Kaki is "Hira tanenashi Kaki".
Kaki made half slice of the first piece photograph and started the 1/2 public per person.

The syrup of this dish was the same, but, as a result, Kaki was too soft.
Jiro Kaki which I used did not ripen that much, and the fruit was hardening first, too.
This "Hira tanenashi Kaki" would considerably ripen.
I boiled it for a short time, but had to shorten time to boil this "Hira tanenashi Kaki" more.
The taste of this dish was good, but cooking is difficult.

The one that bought harder Kaki will be passable.

I take the permission and use that the person who participated in an ukulele lesson took this second piece photograph.

Compotes_de_kaki01
Compotes_de_kaki02

↓クリックお願いします


蕎麦(そば) ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 5日 (月)

玉子とトマトのスープ(2)/蕃茄蛋花湯(ハンチエダンホワタン)

この料理については、以前も書いています。

http://funkyrutin.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-6efa.html

実はここには書いていませんが、醤油味で試作したり等、何度か違うパターンも試していました。
しかし結局、最初に試した煮干し出汁、塩、白胡椒のみの味付けにしました。
スープは、片栗粉でトロ味をつけています。

中華料理で良く、玉子とトマトを組み合わせますが、とてもよく合います。
中国人の料理センスは、素晴らしいと思いますね。

写真は、ウクレレ教室に参加した方のを、許可を取って使用しています。

Fan qui dan hua tang(Egg and tomato soup)

About this dish, I write it before.

http://funkyrutin.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-6efa.html

In fact, I did not write it in facebook and blog, but trial manufacture of soy sauce tried the different pattern several times.
However, I took Niboshi stock, salt, seasoning only for white pepper that I tried first after all.
I make soup runny using potato starch.

With Chinese food, they put an egg and a tomato together well.
It matches very well.
I think that the Chinese cuisine sense is splendid.

I take the permission and use that the person who participated in an ukulele lesson took this photograph.

Han_qui_dan_hua_tang

↓クリックお願いします


蕎麦(そば) ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

純米大吟醸 花の香 桜花

新たに入って来た日本酒のレビューです。
読みは、「じゅんまいだいぎんじょう はなのか おうか」です。

醸造元の花の香酒造株式会社は、創業明治35年(1902年)。
現在6代目社長が、30代の若さの杜氏でもある神田清隆氏。

学校卒業後、家業を継がず、飲食業の道に進み、福岡県に自身が経営する飲食店を持つまでになりました。
2011年、急遽家業を継がなければならなくなり、飲食店を売却して戻ります。
製品の質が向上すれば売れるとの信念から、不眠不休で清酒の「701」、スパークリング日本酒の「702」を開発しました。
「702」は、ベルギーの「iTQi(国際味覚審査機構)」のコンテストで、最高味覚賞を受賞しました。

その後、テレビ放映した旭酒造の桜井博志社長の、杜氏経験や勘に頼らないデータ重視の酒づくりに感銘を受け、旭酒造に弟子入りし、一から日本酒造りを学びなおします。
そして2015年の春から、自主生産した山田錦を使った純米大吟醸 花の香 桜花を発売しました。

原料米=山田錦/麹米=国産米
精米歩合=50%
使用酵母=不明
日本酒度=+1
酸度=1.6
アルコール=16度

この日本酒、「はね木搾り」と言う、今ではほとんど行われていない伝統技法で作っています。
醪(もろみ)を酒袋に入れ、槽(ふね)に積込、1本の巨木(はね木)に重しを吊るして、テコの原理でやさしく圧をかけ、時間をかけてゆっくりやさしく搾る技法で、重労働なのです。

米由来の、爽やかな香りがします。
良い香りですね。

味わいは甘目。
フルーティさもあり、とても飲みやすいです。
酸度の低さからイメージ出来るように、米由来の甘みが強いです。

しかしアルコール由来なのが、甘いだけじゃないキリリとした辛味も感じます。
これが、この酒を単調じゃない、飽きさせない味わいにしています。

旨味もありますが、旨味が強いタイプではないですね。

飲んで楽しく、また和食やそれほど濃厚でない洋食にも合うでしょう。
それほど辛くない中華料理にも合うと思います。

弊店の常連のお客様が好きそうな味だと思います。
次にご来店された時に、奨めてみようかと思います。

Jyunmaidaigikyo Hananoka Oka

The name of raw materials of rice = Yamadanishiki
How long did you reduce the outside of rice? = 50%
Yeast = Ignorance
Sake meter value = +1 (Is sweet so that numerical value is low; is easy to become smart)
Acidity = 1.6 (If numerical value is big, umami is easy to appear in sweet taste and is easy to become crispy and dry if numerical value is low)
Alcohol = 15-16%

This sake is smell refreshing of rice origin.
It is a good fragrance.

The taste of this sake is sweet.
This sake is fruity and is easy to drink very much.
This sake is strong in sweetness derived from rice to image it from lower acidity.

However, this sake feels the sharp taste that one derived from alcohol is not sweet, and was well-defined.
This makes this sake taste not to let you get tired that is not monotonous.

This sake has the taste, but is not the type that taste resists.

This sake drinks and will be correct to Japanese food and the European food which is not so heavy again happily.
I think that this sake matches Chinese food which is not so hot.

This sake seems to like the visitor of the regular customer of the evil shop; think that is smart.
The visitor yearns for me next when it was come to the store to recommend this sake.

Hana_no_ka

↓クリックお願いします


蕎麦(そば) ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

タイ風小松菜とカリカリ豚バラ肉の炒め/パッグアントンムークロップ

この料理は、タイ料理のポピュラーな、青菜と豚肉の炒めものです。

タイ語料理名の意味は、以下のようになります。

パッ = 炒める
グアントン = 広東菜
ムークロップ = ムーは豚肉、ムークロップでカリカリにした豚肉

この料理は、広東菜ではなく、カナー菜(中華料理の芥藍菜)を使ったものが、ポピュラーです。
料理名は、パッカナームークロップになります。

カナー菜は入手しにくいので、小松菜を使いました。
タイには小松菜はなく、タイ語で言うなら近縁種の広東菜である、グアントンと書くであろうとの、タイ人の見解でした。

豚バラ肉は、カリカリになるまで火を通します。
いったん取り出し、唐辛子とニンニクを炒め、小松菜を炒め、豚肉を戻します。
ここにタイの濃い口醤油、シー・ユー・ダム、タイのオイスターソース、ナムマンホイ、だし汁等の合わせ調味料で、味付けします。
恐らく、この料理の風味は日本にはないものだったでしょう。

タイ現地だと、こんな料理もかなり辛くするのかも知れませんが、日本だとピリ辛程度の味付けで出て来ますよね。
この料理も、ピリ辛味付けにしました。

ナムマンホイは、残念ながら化学調味料が入ったものです。
中華のオイスターソースにも、大部分の商品に、化学調味料が入っていますよね。
残念なことです。

写真は、ウクレレ教室に参加した方のを、許可を取って使用しています。

Stir fried green with pork Thai style

This dish is "Stir fried green with pork" which is popular with a Thai cuisine.

As for this dish, a thing using Gomiaina reefs is popular.
Because I was hard to obtain Gomiaina reefs, I used Komatsuna (Japanese Green) which it was easy to obtain.

I heated it until I became the texture of being high-strung with a pig plate.
I take out pork once.
I stir-fry a red pepper and garlic in a frying pan and stir-fry Komatsuna and return pork.
With the laying upon seasonings such as Thai strong soy sauce, Thai oyster sauce, broth, etc ... , I season it here.
The visitor ate this dish, and they will feel no Japan taste.

This dish may make seasoning of very hot in Thailand.
This cooking is not by the seasoning that is hot modestly in Japan.
I took the seasoning that was hot modestly.

Unfortunately MSG was in Thai oyster sauce.
In Chinese oyster sauce, MSG is in most products.
I am disappointed.

I take the permission and use that the person who participated in an ukulele lesson took this photograph.

Stir_fried_green_with_pork_thai_sty

↓クリックお願いします


蕎麦(そば) ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 2日 (金)

キャベツのスパイス炒め/ムッタコースポリヤル

この料理は、南インド料理のタミル料理でポピュラーで、キャベツをスパイシーに炒めた料理です。

事前メニューでは、野菜のスパイシー炒めと言葉を濁しましたが、これはメニューを書いた時期、野菜が高かったからです。
本命はこのキャベツでしたが、最も高い時には、大玉400円オーバーでした。

インド料理と言うと、カレー、タンドリーチキン、シークケバブくらいしか思い浮かばない方には、野菜炒めと言うとビックリかも知れませんね。
スパイシーな味付けで野菜を炒めるのは、インド全土で食事の際のサイドディッシュとして、良く食べられています。

もしこれを読んでいらっしゃる方で、料理なさる方なら、たまには一味違った野菜炒めなんて、いかがでしょうか?

キャベツを粗く千切りにします。
後は唐辛子ホール、クミンホール、フェネグリークシード、マスタードシード、カレーリーフを油でテンパリングして、油に香りを移します。
キャベツを入れ炒め、塩で味を調えます。

本当は味付けとして、ここに各種豆を入れます。
インド人は豆好きでして、具じゃなく味付けとして・・・と言う考え方が面白いですね。
残念ながら適切なインドのの豆はありませんでしたので、入れるのを断念しています。

11/26のウクレレ教室の後の飲み会で、この料理を出しました。
実はこの料理、以前ベジタリアンミールスを作った際に、料理の1つとして作っています。
今回は試作なしで作りました。

http://funkyrutin.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/1111-e915.html

写真は、ウクレレ教室に参加した方のを、許可を取って使用しています。

Stir fried spicy cabbage Tamil style

This dish is popular with the Tamil cuisine of the south Indian cuisine, and it is the dish which is stir fried spicy cabbage.

When I announced menu beforehand, I wrote it as "Stir fried spicy vegetable".
But this is because the time, the price of vegetables were high.
I wanted to make it using cabbage, but was prices more than big ball 400 yen(approximately 3 dollars 50 cents in America) when a price of the cabbage was the highest.
I just made this dish with cabbage because the price of the cabbage was half as follows.

They eat this dish as a side dish in case of the meals well in India.

I shredded cabbage coarsely.
I put a red pepper hall, a cumin seed, a fenugreek seed, a mustard seed, a curry leaf in a frying pan.
And I made tempering in oil and moved a fragrance to the oil.
I put cabbage and stir fry, fixed the taste with salt.

This dish originally puts various beans as seasoning here.
An Indian is a bean enthusiast and it is not an ingredient and uses the bean as seasoning.
Unfortunately I gave up what I put in this dish because I did not have a suitable Indian bean.

In dinner after the ukulele classroom of 11/26, I provided this dish.
I make this dish as one of the dishes before when I made vegetarian meals.
I made it without trial manufacture this time.

http://funkyrutin.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/1111-e915.html

I take the permission and use that the person who participated in an ukulele lesson took this photograph.

Muttaikkos_poriyal

↓クリックお願いします


蕎麦(そば) ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 1日 (木)

海老のマヨネーズ絡め/蛋黄醤拌炸蝦(ダンファンジャンバンジャーシア)

この料理は、日本中の中華料理屋で、置いている事が多い料理ですね。
人によっては、定番中華とか、中国中で食べられていると思っているかも知れません。

この料理は恐らく、一昨年亡くなった中華の料理人、周富徳氏の考案だと思います。
この料理は、中国にはありません。
中国になく、日本で食べられている中華(焼き餃子、黒酢の酢豚、エビチリ、中華丼、天津飯、天津麺)は、日式中華と言われていて、中国人にとっては中華に入れて欲しくないメニューなんです。

とは言え、中華料理はこれまでも、様々な食材や調味料を、中華に取り入れて来ました。
例えばケチャップは、蕃茄醤(ファンチエジャン)と言って、今ではポピュラーに使われています。
カレー粉(咖喱)も同様で、特に四川料理では、カレー味の辛い料理がいくつもあります。
マヨネーズ味の海老料理があっても良いと思います。
そして何より、海老とマヨネーズは、相性の良い食材です。

海老は確か、インドネシア産のバナメイエビ。
ワタを取って、背開きして、下味をつけた後、片栗粉をまぶして尻尾を内側にして巻いています。
こうすると揚げた際、外側は固くなりますが、内側の部分は火が通りにくく、プリッとした食感になります。

マヨネーズソースはもちろん、マヨネーズばかりでなく、様々な食材でコクや味の奥行を付けています。
食べた方は気づいたかどうか・・・かくし味として、味の輪郭をはっきりさせるため、自家製辣油を少しだけ入れています。
この料理は何といっても、このマヨネーズソースが味の決め手ですね。

11/26のウクレレ教室の後の飲み会で、この料理を出しました。
実はこの料理、蕎麦屋になる前に、家で良く作っていましたので、今回は試作なしで作りました。
自分としては上手く出来たと思っていますが、食べた方どうだったのでしょう?

写真は、ウクレレ教室に参加した方のを、許可を取って使用しています。

Fried shrimp with original mayonnaise sauce

This dish is the popular dish which I often put in Chinese restaurants in Japan.
I think that Chinese cook, Mr. Tomitoku Shuu (he died the year before last) devised this dish.
There is no this dish in China.

Prawns and the mayonnaise are congenial ingredients.

I purchased vannamei shrimp from Indonesia.
I took the back cotton of prawns and I made opening a vannamei shrimp and did it.
After having seasoned it, I cover it with dogtooth violet starch, and I wind it up with a tail as the inside.
When I fried it when I do it this way, the outside is tense, but fire is hard to carry, and the inside part becomes the texture with the elasticity.

The mayonnaise which I made posts depth of body and the taste with various ingredients other than mayonnaise.
Would the visitor which ate this dish notice?
I let only some homemade chili oil to make an outline of the taste clear as a secret ingredient.
As for this dish, this original mayonnaise is a decisive factor of the taste.

In dinner after the ukulele classroom of 11/26, I provided this dish.
In fact, I made it well in a house before this dish, I became soba cock.
I made it without trial manufacture this time.
I thought, how would the visitor which I ate feel that I did it well?

I take the permission and use that the person who participated in an ukulele lesson took this photograph.

Fried_shrimp_with_original_mayonnai

↓クリックお願いします


蕎麦(そば) ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オクターブピッチ調整

ギターの5弦のオクターブピッチが狂っていたので、調整しています。

エレキギターでは、開放弦のチューニングを合わせても、オクターブ上のピッチが狂っている事があり、それをブリッジの駒(弦を支える金属)の位置で調整出来ます。
基本的には、購入時に調整は済んでいるのですが、自分はいろいろギターをいじくりました。

オクターブピッチが狂うのは主に、ブリッジの高さを変えた際に起こります。
自分はギターのサウンドの好みの変化によって、例えばブリッジをかなり高くした事もありますし、テンションを高くした事もあります。
オクターブピッチは、その都度狂いましたので、調整しました。

でもオクターブピッチが狂ったまま、ギターを仕舞うのはないと思うのですけどね。
おかしいなぁ・・・

Octave pace adjustment

Because the octave pace of the 5th string of my guitar was out of order, I adjust it.

The pace in the octave may be out of order even if I match the tuning of the opening string with the electric guitar.
We can adjust it at the position of the piece (metal supporting a string) of the bridge.
I finished the adjustment at the time of the purchase, but I changed a guitar variously until now basically.

It happens mainly that octave pace is out of order when we changed the height of the bridge.
I had considerably raised, for example, a bridge by a favorite change of the sound of the guitar and have raised tension.
Because the octave pace was out of order each time, I adjusted it.

But though I think that there is not that I put a guitar away with octave pace being out of order.
I feel strange ...

Octave_pace_adjustment

↓クリックお願いします


蕎麦(そば) ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«チェティナドゥ風鶏肉のスパイス炒め/チェティナドゥ・コーリー・ヴァルーヴァル